バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


Windows 10 Creators Update へようこそ

カテゴリー:餅は餅屋なところ
ということらしいです。何かもう・・今頃?な感じ満載。というのも、春に発生してたらしき Creators Update とやらにスルーされてから対象外やったんやとメーカーサイトとかで調べて確認してただけに、逆にどゆことですかいなと?かなーりやってくれそうな雰囲気漂ってるものの、まぁそこは後回し組ということで安全・安心が担保されてるんでしょうと勝手にエエよに解釈してますが。

参照:Windows 10がまた大型アップデート その内容は? - 日経トレンディネット

Windows 10 Creators Update...の途中その1本当にいきなりです。作業中に“ぶわっ”とアップデートへいざなわれ、「PCは数回再起動します。」て宣言されちゃいましたんで、出掛ける予定があったのでそのまま外出。かれこれ5〜6時間後に帰宅後・・サインイン画面になってたんで「おし!」と思いきや、この画面。

Windows 10 Creators Update...の途中その2さすがにここからはそんなに時間は掛からず、数分後にはアップデートが完了してちゃんといつものデスクトップ画面が表示されまして、ホッと一安心。

で・・、一体どこがどうアップデートしたのかまだ実感せず、というよりも実感できるスペックをこのマシンが有してない気がしてなりませぬがどーも。果たしてシテシテ?


Windows 10 Creators Update へようこそ画面アップデート完了!と同時にあらわれた[Windows 10 Creators Update へようこそ]画面 by Microsoft Edge 自動起動・・・思わずその右の方に出てた「×」をぽちっとしてしまいました。

さあ、すばらしい Windows の機能を享受しませう。
0
     | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

    いちいちサインインしない設定・・

    カテゴリー:餅は餅屋なところ
    今更ですが、これまたホントに今さらです。最初この現象に出くわした時は正直「鬱陶うっとうしいな、もぉー!」ってつぶやいてましたよ。Windows 10 の話です、すみません。2016年8月に 、Anniversary Update とかいう大型アップデートが舞い降りてきやしてですな・・それからというもの調子悪いのなんのって。

    参考:Windows 10 Anniversary Update の入手方法 | Windows Blog for Japan

    参照:公開直後にトラブル発生のAnniversary Updateが「Windows 10安定版」となる日 - ITmedia PC USER

    参照:Windows10 Anniversary Update にアップグレードした直後にPCが起動しなくなった場合の対処方法(2016年8月〜10月版) - ぼくんちのTV 別館

    で、何が鬱陶しいかって・・サインイン画面です。スリープ状態からキー押下とかで復帰させようとするとですな、いちいち「サインインし直したまえ」と。誰に言ってんの?ってな具合で思わずディスプレイを叩きたくなる気分でした。スリープさせんかったらエエんやけどもやね、そこは省電力モードな世の中、エコライフでしょ。

    画面の設定なんかもですね、これまた別個に電源を切るタイミングが設定できたりするもんでモニターの方は10分間の無操作状態で電源切れる設定にしてたんですが・・これがUSBハブポートがくっついてるタイプやったんで、そいつの電源供給をどやらPC本体から接続して持ってきてる状態でした。
    ということで一旦モニターの電源が切れると、そこから復旧させる度にサインインを要求される状態に陥っておりやした。本当に面倒臭いことこの上ありやしぇん。

    ということで、もう済ませた人も多いと思いますが、同じよに悩まれてる人はさっさと設定変更してしまいませう。あ、1台のPCを複数人で使用してたりする場合なんかはセキュリティーのために強化されてる部分でもあったりするとは思うのでその辺りをよーく考えてから設定しましょ。


    Windows 10 のスタートメニューを表示①まず画面左下のWindowsマークをクリックしてスタートメニューを表示させませう。
    そして縦並びのアイコンたちの中にある歯車マークの〔設定〕アイコンをクリックしてください。

    Windowsの設定画面で〔アカウント〕をクリック②次にWindowsの設定画面から〔アカウント〕をクリック!
    ・・です。

    サインイン オプションの画面→サインインを求めるという項目で〔表示しない〕を選択③左側のメニューから〔サインイン オプション〕をクリックします。

    一番上に(多分・・)表示されてるはずの項目→サインインを求めるという箇所で〔表示しない〕を選択すればO.K.です!
    これでいちいちサインインを求めてくるなんてこたぁなくなりますですよ!
    0
       | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

      通信速度

      カテゴリー:餅は餅屋なところ
      前回のつづき・・のよな感じですが、いろいろと気になってたこともあったので覚書き。先月の話ですが、そもそも携帯電話を変えた理由の大きな一つにテザリングがしたいという昨年からのプチ欲求がありました。あ、この話 → [携帯電話を変えてみて] です。それまでの iPhone 4S では本来機能としては端末内にあるっぽいということでしたが・・電話会社側のご都合でテザリングが出来ないことになってました。裏ワザを使って出来なくもなかったようですが、そこまでする気にもなれずな感じでズルズルと来てた訳です。

      参照:テザリングとは - docomo、au、Softbank | ネットワークエンジニアとして

      実はお仕事で役に立って欲しい〜と願って手に入れたAndroid OS のタブレット端末・・昨年夏からずっと我が家でクックパッド専用タブレットと化しておりやす。テザリングを見込んで最初からデータ通信契約なんざ要らぬわさー!ってな勢いで“Wi-Fi モデル”に先行投資して・・既に八箇月、月日の経つのは早うございます。
      って何が言いたかって、早く iPhone からチェンジした Windows Phone を ポケット Wi-Fi ルーターとして、いや違う・・Wi-Fi モデムか?、んむ?このあたりもまたお調べしませう、とにかくお外でタブレットをインターネットに接続できるようにしたいと目論んでる次第でございまする。そこでまた気になったのがこの Wi-Fi の通信速度。無線接続やったらBluetoothっていう手もある。そう、スマートフォンを Bluetooth ルーター・・いや Bluetooth モデム、今はどちでもよろし!として使うのはどないなん?

      **********

      ・・ということでいろいろ調べてみました。

      bpsってのが通信速度(データ転送速度)の単位になるんですが、これもよくある略語です。
      bit per second ってことで、例えば「100bps」の場合、1秒間に100ビットのデータを伝送できる能力がありまっせー!ってことです。
      あ、あくまですべて理論上の公称値です・・実測値はいかがなものか定かではござりませぬ。


      ●Wi-Fi

      IEEE 802.11 → 2Mbps / 周波数帯域 2.4GHz
      IEEE 802.11b → 11Mbps・22Mbps / 周波数帯域 2.4GHz
      IEEE 802.11a → 54Mbps / 周波数帯域 5GHz
      IEEE 802.11g → 54Mbps / 周波数帯域 2.4GHz
      IEEE 802.11j → 54Mbps / 周波数帯域 5GHz
      IEEE 802.11n → 65Mbps-600Mbps / 周波数帯域 2.4GHz、5GHz
      IEEE 802.11ac → 292.5Mbps-6.9Gbps / 周波数帯域 5GHz
      IEEE 802.11ad → 4.6Gbps-6.8Gbps / 周波数帯域 57-66GHz

      詳細:IEEE 802.11 by Wikipedia


      ●Bluetooth

      Bluetooth 3.0 → 最大24Mbps
      Bluetooth 4.0 → 最大1Mbps ※極小データパケットサイズで更なる消費電力モード対応!

      参照:Bluetooth®機器を選ぶポイント | BUFFALO バッファロー

      参照:Bluetooth by Wikipedia

      参照:テザリングでBluetooth接続とWi-Fi接続は何が違うの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース


      この2つの無線接続の特性を見るに・・速度を求めるなら“Wi-Fi”接続でテザリング、バッテリーの消耗を抑えるなら“Bluetooth”接続でテザリングっていうことになるのかな〜どうやら。


      ついでに有線についても調べてみましたよ。

      ●イーサネットケーブル(LANケーブル)
      ※厳密にはイーサネット=LANじゃございやせん・・イーサネットはLANのいくつかある規格の中の一つなので。

      カテゴリー 3 → 10Mbps / 伝送帯域(対応周波数) 16MHz
      カテゴリー 5 → 100Mbps / 伝送帯域(対応周波数) 100MHz
      カテゴリー 5e(*) → 1Gbps / 伝送帯域 (対応周波数)100MHz
      カテゴリー 6 → 1Gbps / 伝送帯域(対応周波数) 250MHz
      カテゴリー 6A (**) → 10Gbps / 伝送帯域(対応周波数) 500MHz
      カテゴリー 7 → 10Gbps / 伝送帯域(対応周波数) 600MHz
      * エンハンスド(enhanced)、** オーグメンテッド(Augmented)


      ●USB(直結なのである意味無線・・でも考え方としてはゼロm有線的な感じで)

      USB 1.1 → 最大 12Mbps
      USB 2.0 → 最大480Mbps
      USB 3.0 → 最大5Gbps

      参照:知ってなっとく接続規格 USB2.0/USB1.1 | BUFFALO バッファロー


      旧規格の接続端子がある機器と新規格の接続端子がある機器を最高速度の規格対応ケーブルで接続した場合・・お察しのとおり互換性はあるものの、基本的に上位互換&後方互換なので接続した場合は旧規格のスペックでしか機能しましぇんよ〜。


      これまたついでに通信回線についても少〜し調べてみましたよ。

      ●ADSL → 下り最大50Mbps / 上り最大3Mbps
      ●光回線 → 下り最大1Gbps / 上り最大1Gbps

      光回線でも集合住宅とか敷設状況によって配線方式がVDSL方式になってたりする場合なんかは上り下りとも最大値100Mbps以下とかになる場合があるようです!
      ご興味があれば過日の拙文 [光回線がやってきた!] をご欄あれ。

      続いて携帯電話通信網。

      ●3G → 下り最大14.4Mbps / 上り最大5.76Mbps
      ●4G(LTE) → 下り最大72Mbps-150Mbps / 上り最大50Mbps

      厳密にはLTEは3.9Gだそうです・・よくわかりましぇんが。

      参照:モバイル通信情報局 » 【解説】「LTE」「3G」「WiFi」「WiMAX」とか色々ありすぎて意味不明。で、結局なんなの?

      もひとつオマケに各社の詳細な規格と通信速度の公称値など。

      参照:モバイル通信規格のまとめ 3G・4G・LTEを解説 | WiMAXインフォメーション

      外出中でもスマートフォンで高速ネット接続O.K!?はあぁ〜、よーっくは解りませぬが・・とにかく「光」は速いということ。で、やっぱり無線は有線に比べると速さや安定性、セキュリティーの面でも勝てるとかいうものじゃないということかな。
      無線接続にはそれ特有の有線接続にはない利便性、特異性があって、そこにこそ最大の利用価値があると心得よ!ってなところでしょか。
      0
         | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

        今更ですが Wi-Fi について

        カテゴリー:餅は餅屋なところ
        ぼ〜んやりしたイメージで口にしてる「わいふぁい」って・・なーんとなく無線でネットにつながる、ような仕組みのこととか、仕様のよな・・統一規格?のことを指してる感覚でいませんか?ま、それでいいっちゃ良いんですが、スマートフォンが世に広まり出したあたりからかな?あっという間にみなさん、身にまといはじめた Wi-Fi。オフィスやご家庭ではただ単に無線LANなんて言ってたのがいつの間にか“Wi-Fi”祭りでえらいこっちゃでございます、ってそんなこたないですな。

        Wi-Fi Logo近頃のルーターや無線LAN接続機器なんかにはこんなマークがパッケージにぺろっと入ってたりしますねー。
        ところで、“Wi-Fi”って何なん?具体的に何のこと?って聴かれるとちょいと言葉につまるところやったりして・・「あ、あぁと無線LANみたいなやつ・・・」とか返したりして。


        ちと真剣にお勉強しますか。

        まずは略語の調査、分解 → Wirelessワイヤレス Fidelityフィデリティー ほう〜、「無線」「忠実な」ときましたか・・忠実な無線環境?!とでも言いたげな感じですな。

        参照:Wireless Fidelityとは - IT用語辞典 Weblio辞書

        おっと、どうやらあながち自前の解釈は間違ってる訳じゃなさそう!!

        業界団体が決めた「Wi-Fi CERTIFIED」っていう認定規格のようですな、どうやら!それも無線LAN規格の中の IEEE 802.11 (アイ・トリプルイー・ハチ・マル・ニ・テン・イチ・イチ)っていう規格に準拠してまっせーという証しに上のロゴマークとかが使用できるみたい。
        ちなみに「IEEE」っていうのはアメリカの電気電子学会のことらしいですが、「802.11」っていうのは周波数帯域とかそういう関係の数値とは一切無関係で「802委員会」の「グループ11」を示してる(・・あんっ?そなの!?)っていうことが下記ページに書かれておりやす・・・。

        参照:Wi-Fi?Bluetooth? 2つの無線規格の違いについて - 道すがら講堂

        Wi-Fi と異なる無線規格 Bluetooth のことも書かれてますね。なぜ青い歯・・こっちもかなり普及が進んで身近になってますが、また機会があれば詳しく調べたいと思います。

        **********

        混同しがちなのがよく聞く“3G”や“4G(LTE)”なんていう携帯電話通信網の回線種別。“Wi-Fi”はあくまでもネットワークへの接続手段・・通信回線ではございませんのであしからず。なので携帯電話会社と契約したポケットルーターを使って屋外で快適にインターネットに“Wi-Fi”接続〜!してる回線は実は単なる4Gでしたってことになってたり・・しかも契約する会社やプランによってデータ容量の制限付きやったりしますのでお気をつけくだされ。
        公衆無線LANのよなホットスポットに自動的に接続してくれてたり、そんな設定をしてたら、その間は無料で(今時やったら)高速の光回線とかが“Wi-Fi”接続で利用できてるはず!
        0
           | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

          勝手に Windows 10 !?・・

          カテゴリー:餅は餅屋なところ
          えぇーっ!?一体どないなってんのー??ってなことになってませぬかな?みなさんは大丈夫でせうか?・・今年2月以降、急にこの手の話題が増えているとかいないとか。いや〜実は昨日、自宅PCでも出現しました!この超勝手気ままな Windows 10 アップグレードスケジュールの表示が・・・。正直何かのいたずら(マルウェアの類か何か)かと最初思ってしまいましたが・・どうやらそうじゃないっぽいぞ〜・・こ、これは!昨年ちらりと記事にした“アップグレード自動化”ってやつ → [Windows 10アップグレード自動化に要注意!]ですなっ!いよいよきましたかー、マイクロソフトさんの強制指導!!

          Windows 10 アップデートが勝手にスケジュールされてるよ〜!!

          しかし・・いきなりコレはやり過ぎですわな。お恥ずかしい話ですが、ちょっぴりちびってしまい、いやいや、ビビってしまいました。皆さん憤慨されてたりしますが・・・。

          参照:【画像あり】ワイのPCが勝手にWindows10になろうとしてて草wwwwwwww - ガジェットライフ速報 -ガジェット・スマホ・PCまとめ-

          参照:個人事業主として挑戦中 » WEB » Windows10へのアップグレードが強制的になっている件とそのキャンセル方法

          こちらのページにはまだアップグレードしたくない人向けの対策を掲載されてたりしますね〜!そう、慌てることなかれ。ただ個人的には下記ページの方が解りやすいかな〜?なんて思ったりして。

          参照:富士通Q&A - Windows 10 にアップグレードする予定を取り消す方法を教えてください。 - FMVサポート : 富士通

          あ、あとオマケ・・こんな記事もございますので是非ご一読あれ。

          参照:ASCII.jp:Windows 10の自動的アップグレード……問題はないの?|ズバッと解決! Windows 10探偵団
          0
             | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

            携帯電話を変えてみて

            カテゴリー:餅は餅屋なところ
            先週の話になりますが・・初のMNPとやらに挑戦いたしました!電話番号をそのまま別の電話会社の携帯電話で使えるようにできるとかいうアレです。3.5インチの画面が片手操作に絶妙な大きさで、筐体の大きさや重さもてのひらに本当におさまり良い逸品やった iPhone 4S、嬉しいかな悲しいかな・・最新バージョンのiOS9.3の対象にもなってしまってますが、本当によく頑張ってくれました!

            過日の拙文でございます・・・。
            [頑張れるか? iPhone 4S・・]

            で、この度そんな iPhone を手元に残しつつ・・というのも元々大していろいろアプリを入れたりゲームをしたりする訳でもなく、ただ電話機、それも主にSMS用端末&メール確認用デバイスとしての使用目的が大きくて、あとはちょこちょこウェブページを見たりしてたくらいなのでした。毎月の請求書の内訳もデータ使用料なるものを見てみると・・まぁ、1GBを超えてることがまずないという状況でした!契約プランはソフトバンクの旧ホワイトプランって呼ばれてるものらしく、何と7GBまで使えるらしかった・・なんてなことに転出してから判明〜。ま、今となってはどうでもよきかなと。

            参照:携帯電話番号ポータビリティ(MNP)とはなんですか? | モバイル | ソフトバンク

            そしてそして、また過日の記事ですがご参照をば。

            [今度こそ「Windows Phone」に期待・・]

            この記事の2箇月くらい後に、実は国内PCメーカーから Windows Phone 8.1 搭載機が発売されておりまして後のWindows 10 Mobile にアップデート対応した機種だということでしばらく様子を見ておりました。
            すると後発で他社から、スペックこそ低いものの低価格な Windows 10 Mobile 機が昨年11月末に発売されてしまい、先発やったPCメーカーの Windows Phone 8.1 Updata 機は慌てて中身だけ Windows 10 Mobile を搭載した別機種を12月に発売せざるを得なくなるという追っかけっこになる展開・・・。
            既に国内PCメーカーの Windows Phone 8.1 搭載機を利用してた人の中でも、自動アップデート(OTA)が待てないユーザーたちはすでに手動で Windows 10 Mobile にしてるらしく・・しかもメーカーからはアップデート対応延期のお知らせ!

            Windows 10 Mobile デフォルト状態のロック画面でございますなどなど、コレはもしかするともしかして?時期がくればマイクロソフトがアップデート対応は必ずやるらしいし、このままいけばも少し・・値下がりするかも?なんて空気を読んでた感はコレっぽっちもありまんでしたが。
            運が良いのか悪いのか、そのメーカーの製品サポートページにアクセスして、FAQの末尾にある問い合わせから「Windows 10 Mobileのアップデートを早く対応願います!放置せずにページ上で途中経過なり何か報告を」なんて偉そに送信した翌々日あたりから何とOTAの自動アップデートが提供されることになろうとは。
            そしていそいそと昨年発売されてた Windows Phone 8.1 搭載機を見事値下がりしたであろう頃合いで手元に運んでいただきました。所謂いわゆるSIMフリーと言われる端末ですな。小さなラッキー・・何故か購入したものがパッケージになってまして、本来セットには含まれないはずのBluetoothの無線イヤホンとモバイルバッテリーが同梱されてました!!不思議・・コストコとかで一時期だけ激安で売られてたとかいうセットものの転売品なんかな?

            ま、そんなこんなで無事にMNPも完了して、速攻で Windows 10 Mobile にアップデート(電話の更新)を済ませたところです。
            0
               | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

              かな入力とローマ字入力

              カテゴリー:餅は餅屋なところ
              日本語の入力方法ですが・・みなさんはどっち?って、圧倒的にローマ字入力が大多数を占めるのは簡単に予想できます。でも本当にその「ローマ字入力」が自分にとって便利で使いやすくて都合の良い文字入力方式だと感じてるのかな??
              そこでローマ字入力な人にご提案、もしキーボード上に「ぬ」「ふ」「あ」「う」「え」・・・なんて平仮名が並んでたら、一度かな入力に切り替えて使い心地を試してみませんか?そうですよ、携帯電話やスマホ、タブレットみいにダイレクトなかなキー押下で行きませう!えっ!?フリック入力とかできへんやんって??・・えっ!?「かな入力」してたけど「ローマ字入力」に移行したって??・・あいや、それは失礼しやした。

              キーボード〜イメージ画像いや、何が言いたいかって・・自分がただ「ローマ字入力」に馴染めずいまだに「かな入力」な人なのでございます。未だに、というのはワープロ時代の名残やったりして、前回の記事[ワープロってご存知?]では触れてませんが、ワープロを使ってた頃は「かな入力」がデフォルトやったりしたもんで・・今もPCで「かな入力」の方がキーボード入力やと自分の場合は何かと便利というか、作業が早かったりするんですよねーこれが。

              と、個人的な好みを強要するとかいう話ではなく、そんなつもりもなく・・「ローマ字入力」、「かな入力」双方に特徴があって使いやすいと感じるのはその人次第っていうお話。

              参照:「ローマ字入力」と「かな入力」の違いってなに? | 1からはじめよう!VAIOパソコン教室 | VAIOを活用するためのお役立ち情報 | 使いかた/取扱説明 | パーソナルコンピューター VAIO® | サポート・お問い合わせ | ソニー

              こちらのページでは“覚えるキーの数が少ない”という理由から「ローマ字入力」をすすめたりしておりやすが・・ま、人それぞれですな〜・・・。同ページ内の説明にもあるとおり、「ローマ字入力」のメリットは“覚えるキーの数が少ない”。それに対して「かな入力」のメリットは“ひとつの文字入力時にキーを押す数が少ない”。どちらも入力全般で考えると早く作業が完了する方向へ向いてます。

              どっちがどう・・とかいう話ではなくて、いかに誤入力をせずに早く完了させられるかが大切なのは言うまでもありませぬ。
              「へへ〜ん、俺っちローマ字入力パリパリりーっ!あっちゅうにメール送信完了〜!」「あららら、私は常時かな入力!素早くレポート提出ー!」って言いながらミスタイプしまくってたら何のこっちゃでございまする。

              日本語入力・・メリットをメリットと感じることよりも、自分にとってデメリットの負担が少なくて使い勝手の良い文字入力方式を選びましょ!ってことですな。

              ☆「ローマ字入力」と「かな入力」の切り替え方法は下記ページとかをご参照あれ。

              参照:「ローマ字入力」 と 「かな入力」 の切り替え方法 | Microsoft サポート

              参照:Windows 8 / 8.1のMicrosoft IME 2012でローマ字入力/かな入力を切り替える方法 | 121ware.com > サービス&サポート > Q&A >

              ちなみに・・上記ページにも記載されてますが、Windows環境で利用できるショートカットキー(「Alt」キーを押しながら「カタカナひらがな」キーで切り替えっていうの)をよく客先でやってました。元に戻すのを忘れたりすることもあったような・・なかったような・・・。
              0
                 | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

                ワープロってご存知?

                カテゴリー:餅は餅屋なところ
                世代的にどうなんでしょか。ワープロ専用機をご存知の人って・・何歳くらい以上ってすぐわかるものか知らん?ワープロって言ってもMicrosoft社の“ワード”やジャストシステム社の“一太郎”のよなワープロソフトのことじゃありませんよ!ワードプロセッサー単体の専用マシンのことでございます。その昔、存在してたんですなぁ・・あぁ、懐かしや。

                参照:ワードプロセッサ by Wikipedia

                参照:ワープロ by Google画像検索

                かつて私もNECが発売してた“文豪”シリーズの小さいのを持ってた記憶があります。ワープロってタイプライターの進化版みたいなもんやったので、コンパクトながらプリンターもくっついてていろいろ出来たのを覚えてます。

                そういう意味では、その後PCが一般的になってワープロソフトへとシフトされた今・・最初から日本語環境ありきで開発された“一太郎”は結構使い勝手が良いソフトやと感じます。微妙なふりがなの位置調整、“ワード”やったらイライラ度MAXに達した瞬間に裏技発動!とかってテキストボックス使ったりすることも多々あったりなかったり?!そんな微妙な調整はむしろ得意分野の“一太郎”。かつてのワープロ専用機の使い勝手をそのままPCソフトへと移行したよな雰囲気があります。
                そう、ワープロで腕を鳴らしたことがある人には“一太郎”、おすすめですよ!縦書き体裁となるともう、“ワード”の比じゃありませぬ。日本人が日本語環境主体に作ったソフトが使いやすいのは当然、というのも一理ありかな。
                0
                   | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

                  いよいよ来ました!Windows 10 “推奨される更新”へ

                  カテゴリー:餅は餅屋なところ
                  先日もちょいと書きました→[Windows 10アップグレード自動化に要注意!]のとおり、事後報告ですが・・いよいよ来ましたよ。何でもWindows 1010億台計画とか・・ですか?そんなこと言いながら舌の根の乾かぬうちに・・Windows「11」とか「12」が登場したり、しませんよね〜マイクロソフトさんー!

                  参照:Windows 7/8.1→Windows 10が“推奨される更新”に - ITmedia ニュース

                  Windows と Windows 10 - マイクロソフト / ウェブページイメージキャプチャー

                  Windows「7」や「8.1」でもうしばらく使い続ける場合は、くれぐれも設定や最終確認を慎重に!!
                  0
                     | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

                    Windows 10アップグレード自動化に要注意!

                    カテゴリー:餅は餅屋なところ
                    ご無沙汰でございます。また日があいてしまいました・・・。まぁいろいろと、あったりなかったりな徒然な日々でございます。相も変わらず休職中、というか求職中の私。ぽちぽち真剣に社会復帰を目指して動き出そうとする、まさに季節は冬に突入する今ですが、正月を「迎春」とか「頌春」なんてっていう言葉で表現するかの如く立春、啓蟄けいちつを待たずに年明けを目標に気張るだけ意気をまいてる最中ではあるのですが・・・。

                    と、この記事も今月の頭に投稿しようと思いながらもそのままなおざりになってしまっておりやした。そうです、Windows 10 のアップグレード情報の続報です!!
                    Windows「10」に自動アップグレード?? 困った〜どうしよう!なんと来年からは Windows Update の「推奨される更新プログラム」として配信されるらしく、Windows Update の設定によっては知らんうちに Windows 10 になってたー! なんてなことも起こり得る可能性も・・ということらしいですよー!

                    参照:Windows 10のアップグレード自動化で混乱再び? - ITmedia PC USER

                    よく記事に目を通すと、全く気づかないうちに・・なんてコトは無さそうですな。それに1箇月以内なら旧OS環境へ戻せるようなことも書いてありますが・・実際にはどんな挙動をするのかは不明でございます。果たして復旧した際に以前のアプリケーションは完全に元に戻ってるのか?とか、ドキュメントデータ類は大丈夫なの?などなど。

                    いずれにしても、インストールしてるアプリケーションの関係上、もうしばらく今のOS(「8.1」や「7」)で様子を見たい人や、PC買い替えまでアップグレードはしない方針の人も多いはず。そんな人たち、要注意ですよー!
                    0
                       | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

                      Button of Go to Home

                      Button of Back to Top