バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


スポンサーサイト

カテゴリー:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
     | - | | | pookmark

    CHRISTMAS TIME IN BLUE

    カテゴリー:今日も歌を聴きながら
    この歌も友人の影響で聞くようになった佐野元春というミュージシャンのシーズンナンバーで、この時期になるとよくラジオで流れてきたり、ジョン・レノンの『Happy Xmas (War Is Over)』なんかと同じく街中でよく耳にする、そんな1曲やと思います。オリジナルは1985年の12インチシングルらしいので、もう随分前の曲になります・・でも何かこう、古さとか、懐かしさとか、そういう湿っぽいものは不思議と感じません。

    何度聴いても、何回聴いても、何年聴いてもこの歌が心にしみ入るのはなんでなんやろう?・・多くの日本人のミュージシャンが作る(歌う)クリスマスソングのよなありふれた男女の恋歌じゃなくて、彼の綴る歌詞には世界中の人へ「誰にもクリスマスの時は平等にある・・」なんてメッセージが込められてるような、まさにジョン・レノンの『Happy Xmas(※)』に彼(佐野元春)がちょっぴり感化されて作ったような、そんな気がするからかな〜?

    ※参照:Happy Xmas (War Is Over) (John Lennon)歌詞和訳 by 英語日常会話マスターブログ

    ◎PVじゃないようです↓・・・

    歌詞情報:Christmas Time In Blue -聖なる夜に口笛吹いて- 佐野元春 by goo音楽
    0
       | 今日も歌を聴きながら | | | pookmark

      スポンサーサイト

      カテゴリー:-
      0
         | - | | | pookmark
        コメント欄
        コメントする


        ※メールアドレスは公開されません

        ※Name:欄に入力したお名前にリンクが設定されます




        この記事のトラックバックURL
        http://stressful.jugem.jp/trackback/171
        トラックバック

        Button of Go to Home

        Button of Back to Top