バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


Chromiumのアップデート方法

カテゴリー:業務的なところ
先日の拙文[ブラウザー確認環境を改めて確認]で、第3のブラウザーとして新たにインストールした「Chrome」の親とも言える存在の「Chromium(クロミウム)」でございますが、その記事で「ChromeってGoogle先生謹製・・じゃあなかったの???」などと、またしても無知ぶりを露呈してしまいました。

Chrome 概要画面(Google Chrome について)えぇ、そうでございます。ちゃんと Google Chrome の概要に明示されておりました。大変失礼しましたー。「まだまだ勉強が足りぬわ!バカ者めぃ!!」とGoogle先生にお叱りを受けそうです。

Chrome 概要画面(Google Chrome について)の下部説明箇所上の画面(Google Chrome について)の Chromium との関連性を記した個所です。


**********

その後、この“裸状態のChrome”と言っても過言ではない「Chromium」、そうそう使う機会はないものの、インターネットに接続して使用する限りこのままじゃ危険性が高いということで、アップデート方法の調査を開始しました。

参考:Chromiumの最新版を自動的にスケジュール更新できるアップデータ-Chromium Auto Updater by 適宜覚書-Fragments

参考:GoogleChromeの親分にあたるChromiumをインストールと最初にやっておきたいこと。 by メモ帳代わりのブログ

参考:Chromium を自動でアップデートしてくれる Chromatic がアップデートして復活していた by R WannaBeAdored

上記で書かれてる内容はどれもMac版オンリー?やったり情報が古かったり?するのか、うまくいかず・・・。


参考:Chromiumのインストール(2014年9月23日更新) by Yahoo!知恵袋

こんなページもありました。インストール状況が自分の場合と似てましたが、記事中の【Chromium Auto Updater】というツールは何故か直感的に避けてしまいました・・・。


そして辿りついたのが下記の「Chromium Updater」というアプリケーション。

参照:Chromium Updater | SourceForge.net

緑色の横長の【Download】って表示のあるボタンをクリックすると<CrUpd2016_us.exe>という名前の実行ファイルがダウンロードできます。

Chromium Updater ショートカットアイコンダウンロード完了後、ダブルクリックしてインストールするとデスクップとかにショートカットアイコンができるハズ。(途中で特殊なことでもしない限りは・・・)

Chromium Updater 起動画面ショートカットアイコンから「Chromium Updater」を起動するとこんな画面が立ち上がります。
最新版をインストールする場合は右側のアイコンをクリックすればO.K.で、一番左から Chromium を起動することができます。

そうそう、前回の記事[ブラウザー確認環境を改めて確認]で、手動でインストールしてショートカットを作ったり、タスクバーにピン留めしたりしましたが、その時はちゃんと動作するんですが、PCを再起動するとエラーが出て動かないという不思議な現象に陥って、結局インストールしたフォルダーまでたどって<chrome.exe>から起動するという手間のかかることになってました。

今回、この「Chromium Updater」をインストールすることで見事にその不具合も解消してしまいました!!なんとアップデーターながら、都度最新バージョンの「Chromium」自体も自動でインストールしてくれるので、どうせなら「Chromium Updater」を起動させてから「Chromium」を起動させればええやん!ってな感じです。
ひと手間かかってる気がしますが、使用頻度は少ない訳やし、セキュリティー対策も兼ねてるってゆーことで自分的には良い感じです。

※上記「Chromium Updater」は機能しなくなっております・・現在、別の方法で自動アップデートをお試しくだされ。[Chromiumのアップデート方法、続編]

⇒そして前回、手動でインストールした「Chromium」はフォルダーごと削除しましたとさ!!

で、その「Chromium Updater」のショートカットアイコンを新たにタスクバーにピン留めして、またまた「Google Chrome」の横に移動させてみました。

<Chromium Updater>のショートカットをタスクバーにピン留め

前回は「Chrome」の形をした真っ青な血の気の引いたような色の無いアイコンでしたが、今回は青い色さえ無い、無彩色、モノクロの世界となりました。いかに「Google Chrome」が、豊かな色彩、機能で彩られたハーヴェストなのかを、アイコンっていう小さな視覚情報から得られたよな気がしますな〜。
0
     | 業務的なところ | | | pookmark

    スポンサーサイト

    カテゴリー:-
    0
       | - | | | pookmark
      コメント欄
      コメントする


      ※メールアドレスは公開されません

      ※Name:欄に入力したお名前にリンクが設定されます




      この記事のトラックバックURL
      http://stressful.jugem.jp/trackback/216
      トラックバック

      Button of Go to Home

      Button of Back to Top