バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


Webデザインの基本は1px

カテゴリー:デザイン的なところ
なんてことは学校じゃ教えてくれましぇん?? 画素の最小単位=px(ピクセル)ってな訳で、画面上で扱える単位も当然「px指定」が最少単位になってくる訳です。何も画像のサイズ指定値に限らず、ブロック要素の横幅や高さ、余白(マージンやパディング)、インデントの数値指定までも、このpx単位でやってしまえるんですよ。

久しぶりにこのカテゴリーの記事でございますが、年度初めということで気分を新たに、意を新たにして何かに臨むべく今日を迎えられた人も多かったのではなかろうかと思いまして、稚拙ながら一助になれば・・というのと、私自身、今後の自分へのエールの意味で書いておりやす。

近頃は生半可にフリーのデザインテンプレートを使いまわしたりする“自称デザイナー”が多くいらっしゃるもんで、最初から作ってないから細かい設定をやらない・・というかしない・・というか出来ない???
要素の指定値単位も「em」や「%」になってると、単位はそのまんまで、数値だけ弄ってあれやこれやとやってる感じがいたします。

もう一度言いますよ〜! 画面上で扱える最少単位は1pxですよー!!(場合によっては気休めで0.1pxなんて指定したりすることもありますが・・・)
そしてデザインを左右するのも、この「1px」やったりします。1pxの余白1pxのボーダー1pxのブロックの幅の違いや線幅の違いとかっていう、何気ない+1pxや−1pxの操作で全体の印象が変わってくるんです。何か違うな〜って感じた時、クライアントから注文があった時、こんなことを思い出してみると、また自分のデザインワークに幅が出来るかもしれませぬよー!!

ついついフリーのデザインテンプレートを使ってるあなたも、たま〜には自力で、真似てみても良いから、ウェブページのデザイン制作を一から取り掛かってみませう!!そして是非、本当のWeb制作の世界へ足を踏み出そうじゃありませぬか!
0
     | デザイン的なところ | | | pookmark

    スポンサーサイト

    カテゴリー:-
    0
       | - | | | pookmark
      コメント欄
      コメントする


      ※メールアドレスは公開されません

      ※Name:欄に入力したお名前にリンクが設定されます




      この記事のトラックバックURL
      http://stressful.jugem.jp/trackback/227
      トラックバック

      Button of Go to Home

      Button of Back to Top