バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


スポンサーサイト

カテゴリー:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
     | - | | | pookmark

    言葉の意味は移ろい、言葉そのものもまた移ろう

    カテゴリー:言葉のこととか・・・
    なんて風流なタイトルでごさいますが、以前このカテゴリー[了解しました]というタイトルの記事を書いた時に、少〜しだけ触れましたが、言葉は「言の葉」の如く、ひらひらと何年も舞い続けてるうちに、意味も使い方も変化していくことが大いにあるとかいうお話でした。
    そもそも、言葉の使い方が正しいとか、間違ってるとかいうこと自体がナンセンスやと言ってる訳じゃありませぬ。それはそれで、その時々の、時代や流行に応じた「言の葉」の舞い様があって然るべきやと感じるからです。ただ、時を経ると、以前は正しかった意味が通じなくなったり、使い方によっては真逆の解釈になったり、言葉自体も間違ってると言われてた使い方がまかり通るようになって、次第に一般的に認知されて用語事典に収められるまでになる言葉も出てくるのも事実です。

    Web制作といっても、コンテンツによっては原稿チェックのみならず、文章提案やキャッチコピーの草案や効果的なテキスト考案を行う必要に迫られることもあるやも知れません。何でもかんでもオリジナリティーゼロの“コピペ”でエエ訳がなく、そうなると、相応に文章読解(リーディング)能力、記述(ライティング)能力が求められるのは当然ですわな。

    ・・少し話が逸れてますが、文章能力、言葉の使い方なんかをちょちょいっとスキルアップさせる方法は、実は簡単なやり方がありまして・・もう判ってる人も多いと思いますが、それはまた次回ということで。

    **********

    このカテゴリーを設置するきっかけになった「言葉」の使い方、というか使われ方や「言葉」と時代背景や文化との関わりを感じる中で、こんな面白いページを見つけましたので、よろしければどぞ。

    参照:みんなで自己研鑽 >>> 間違えやすい日本語 by がんばれ凡人!

    こうして見ると、何事にも移ろわず、しっかりと根を張った「言葉」も結構あるもんやねー。
    0
       | 言葉のこととか・・・ | | | pookmark

      スポンサーサイト

      カテゴリー:-
      0
         | - | | | pookmark
        コメント欄
        コメントする


        ※メールアドレスは公開されません

        ※Name:欄に入力したお名前にリンクが設定されます




        この記事のトラックバックURL
        http://stressful.jugem.jp/trackback/232
        トラックバック

        Button of Go to Home

        Button of Back to Top