バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


ちょっとビターなミルクコーヒー

カテゴリー:カタルシスなところ
うまいっ!と思わずうなってしまったのは実は味じゃなくて・・・。チチヤスっていうヨーグルトとかで有名な?メーカーのパック飲料のパッケージデザインでした。ヨーグルトの方は子供のころによく食べてたことがあって、どちらかというとお子様向けなゼラチン質の加糖ヨーグルト風食品のイメージ。で、今回思わず飛びついたのはこの商品『ちょっとビターなミルクコーヒー』が近所のディスカウントストアで1個39円(税別)で大量販売されてたっていうのもあったんですが、・・何故かみなさん素通りで・・・おやおや、お味の方は今一つなのかな?と察したものの、気がついた時には既にパッケージデザインに一目惚れな感じで手に取っておりました。

チチヤス ちょっとビターなミルクコーヒー パッケージ画像(表面)チチヤス ちょっとビターなミルクコーヒー パッケージ画像(裏面)一目で子供向け飲料だとわかるデザイン。それでいて、“ビター”というワードと「ちょっとビターな」と締めたコピーと見事な配色で大人にも飲んで欲しい、購入者=大人(コーヒー好きという限定されたターゲット層)への購買意欲も高める効果が期待できるすばらしいパッケージデザインではありませぬかー!
そしてこの何とも言えないシンプルなレトロ感。洗練されてて、わかりやすい。デザインの基本ですね。裏面もちゃんと作り込んでます。

味は・・まぁ、さすがに大人の“ビター”ではありませんが、お子様でも安心して飲めるコーヒー飲料ってな具合ですな!

是非、一度ご賞味あれ!あいや、手に取ってご堪能くだされ!
0
     | カタルシスなところ | | | pookmark

    スポンサーサイト

    カテゴリー:-
    0
       | - | | | pookmark
      コメント欄
      コメントする


      ※メールアドレスは公開されません

      ※Name:欄に入力したお名前にリンクが設定されます




      この記事のトラックバックURL
      http://stressful.jugem.jp/trackback/314
      トラックバック

      Button of Go to Home

      Button of Back to Top