バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


迷走中の五輪エンブレム・・そして私も波に乗る?

カテゴリー:デザイン的なところ
取り下げられた五輪エンブレム・・今度はその選定過程、公募の内容が気になるところでございますが、取りざたされてる話題はもっぱらハイレベルな以前の応募者資格や、閉ざされた選考内容などなど。さて新たな公募は一体どこまで門戸が開かれるのか注目ですな!

と、その前にこんな記事も目にしましたのでどぞ。

参照:五輪エンブレム問題 声あげない業界、陰謀論に憤り 中川淳一郎氏 - withnews(ウィズニュース)

今までの単にデザイナーや業界だけを批判したよな内容ではなくて、ネット社会に晒される現代ならではの特徴も指摘してまとめてる内容です。ソクラテスいわく『無知の知』からはじまる・・無知だと知らない者はいつまでたっても無知なのかな??

**********

さてさて、私もここらで波に乗ってみましょかいなと。思って真剣に、一応真剣にラフから描きだしたものの、仕上げてみると“シンプル”というより何やら中途半端な“雑さ”の残る代物になってしまいやした・・・。

東京2020 オリンピック エンブレム デザイン案 by Ichibo_とりあえずコンセプトは「世界から見た日本がわかるよな図案」てな感じで。
「和」な感じとか「桜」ってほぼ日本人が持つ日本のイメージな気がして、果たして世界から日本を見た時、どういうシンボル、イメージが解りやすくて“日本らしさ”をアピールできるんやろう?で、それとオリンピック、パラリンピックっていうスポーツ競技との結びつき、関係性をどうやったらうまく表現できるんやろ・・てなことを、みなさんのデザインを拝見しながら考えてた訳です。

そしてこの図案・・右側の大きな円と時計の針みたいなの・・ズバリ時計です。時間に正確な日本の文化を象徴するとともに精巧な Made in Japan の製品なんかを表現しておりやす。
で、時計と言えばこれまでにも度々オリンピックや世界大会競技で活躍、採用されて世界中の人たちが目にしてるSEIKO。数々の記録を刻んできた歴史を持っております。そして数え切れないほどの競技時間の計測を担ってきた時計。一企業をピックアップするのもどうかと思われますが<案>なのでご愛嬌・・・。その SEIKO のロゴタイプに似た書体を変形させて「TOKYO 2020」の文字をデザイン→パクってるなんて言わないでね・・パロってるだけです、なんて。
※微妙に SEIKO の方は「K」や「E」のフォントが異なってて完全にオリジナルですが。

とまぁ、勝手デザインのエンブレム。Twitterもやってない私としては拡散は望んでないので訪問者の少ないここ(このブログ)止まりで済んでくれればこれ幸いでございます。
0
     | デザイン的なところ | | | pookmark

    スポンサーサイト

    カテゴリー:-
    0
       | - | | | pookmark
      コメント欄
      コメントする


      ※メールアドレスは公開されません

      ※Name:欄に入力したお名前にリンクが設定されます




      この記事のトラックバックURL
      http://stressful.jugem.jp/trackback/325
      トラックバック

      Button of Go to Home

      Button of Back to Top