バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


かな入力とローマ字入力

カテゴリー:餅は餅屋なところ
日本語の入力方法ですが・・みなさんはどっち?って、圧倒的にローマ字入力が大多数を占めるのは簡単に予想できます。でも本当にその「ローマ字入力」が自分にとって便利で使いやすくて都合の良い文字入力方式だと感じてるのかな??
そこでローマ字入力な人にご提案、もしキーボード上に「ぬ」「ふ」「あ」「う」「え」・・・なんて平仮名が並んでたら、一度かな入力に切り替えて使い心地を試してみませんか?そうですよ、携帯電話やスマホ、タブレットみいにダイレクトなかなキー押下で行きませう!えっ!?フリック入力とかできへんやんって??・・えっ!?「かな入力」してたけど「ローマ字入力」に移行したって??・・あいや、それは失礼しやした。

キーボード〜イメージ画像いや、何が言いたいかって・・自分がただ「ローマ字入力」に馴染めずいまだに「かな入力」な人なのでございます。未だに、というのはワープロ時代の名残やったりして、前回の記事[ワープロってご存知?]では触れてませんが、ワープロを使ってた頃は「かな入力」がデフォルトやったりしたもんで・・今もPCで「かな入力」の方がキーボード入力やと自分の場合は何かと便利というか、作業が早かったりするんですよねーこれが。

と、個人的な好みを強要するとかいう話ではなく、そんなつもりもなく・・「ローマ字入力」、「かな入力」双方に特徴があって使いやすいと感じるのはその人次第っていうお話。

参照:「ローマ字入力」と「かな入力」の違いってなに? | 1からはじめよう!VAIOパソコン教室 | VAIOを活用するためのお役立ち情報 | 使いかた/取扱説明 | パーソナルコンピューター VAIO® | サポート・お問い合わせ | ソニー

こちらのページでは“覚えるキーの数が少ない”という理由から「ローマ字入力」をすすめたりしておりやすが・・ま、人それぞれですな〜・・・。同ページ内の説明にもあるとおり、「ローマ字入力」のメリットは“覚えるキーの数が少ない”。それに対して「かな入力」のメリットは“ひとつの文字入力時にキーを押す数が少ない”。どちらも入力全般で考えると早く作業が完了する方向へ向いてます。

どっちがどう・・とかいう話ではなくて、いかに誤入力をせずに早く完了させられるかが大切なのは言うまでもありませぬ。
「へへ〜ん、俺っちローマ字入力パリパリりーっ!あっちゅうにメール送信完了〜!」「あららら、私は常時かな入力!素早くレポート提出ー!」って言いながらミスタイプしまくってたら何のこっちゃでございまする。

日本語入力・・メリットをメリットと感じることよりも、自分にとってデメリットの負担が少なくて使い勝手の良い文字入力方式を選びましょ!ってことですな。

☆「ローマ字入力」と「かな入力」の切り替え方法は下記ページとかをご参照あれ。

参照:「ローマ字入力」 と 「かな入力」 の切り替え方法 | Microsoft サポート

参照:Windows 8 / 8.1のMicrosoft IME 2012でローマ字入力/かな入力を切り替える方法 | 121ware.com > サービス&サポート > Q&A >

ちなみに・・上記ページにも記載されてますが、Windows環境で利用できるショートカットキー(「Alt」キーを押しながら「カタカナひらがな」キーで切り替えっていうの)をよく客先でやってました。元に戻すのを忘れたりすることもあったような・・なかったような・・・。
0
     | 餅は餅屋なところ | | | pookmark

    スポンサーサイト

    カテゴリー:-
    0
       | - | | | pookmark
      コメント欄
      コメントする


      ※メールアドレスは公開されません

      ※Name:欄に入力したお名前にリンクが設定されます




      この記事のトラックバックURL
      http://stressful.jugem.jp/trackback/347
      トラックバック

      Button of Go to Home

      Button of Back to Top