バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


GitHubやOSSやら、知っとかなアカンこと

カテゴリー:業務的なところ
これまた今更、さらさらなことですが!HTML5ベースでページ制作をちょこちょことやり出すよになってから・・というよりはレスポンシブ対応のCSSテンプレートや使いやすそなjQueryプラグインを探すよになってからかな?やたらとソースのリンク先で飛ばされるよになった“GitHub”のURL。
以前はよくフリーで公開されてるオープンソースのスクリプトとかは“SourceForge.net”っていう管理サイトにデータが置かれてたりして度々利用させていただいたものでございますが、近頃は本っ当に多いです、GitHub。

GitHub Logo 2013参照:GitHub by Wikipedia

SourceForge や Google Code との違いはフォーカスがプロジェクト自体じゃなくて開発者にあるのが最大の特徴という感じかな!?

参考:開発者からの強い支持、5年弱で300万ユーザーを突破:共同創業者に聞いた、GitHubは何が違ったのか? - @IT

と、ここでまた気になることが出てまいりましたよ。OSSとはいかに?って、そのまま略してあるだけでオープンソースソフトウェアのことでした。ついでにこんなのもどぞ。

参照:OSSホスティングサービスの比較 by Wikipedia

さあ今度は本当に知らぬ存ぜぬではすまされない話、著作権について。オープンソース、いくら無料で公開されててダウンロードし放題、使いたい放題といえども使用時におけるライセンス、著作権というものがございます。こちらに関しては国際条約で規定されてて、日本も加盟してたりするのでちゃ〜んとお勉強しておきませう!

参照:著作権 by Wikipedia

そして重要なのがここ→Webでよく扱われるクリエイティブ・コモンズ(CC)や MIT(エム・アイ・ティー)License、BSD(ビー・エス・ディー)License、GPLやLGPLのことも理解した上でフリー素材やオープンソースのプログラムを利用すべし!ですよ〜!!

何も難しいことはなくて、公開者が設定したライセンスに従って「このルールの下でこの素材を使ってねー」っていう決まり事をきちんと守って製作者、開発者の素晴らしい技術を世に広めましょう・・という、自身がその立場になれば実はすぐに理解できる話やったりして。
0
     | 業務的なところ | | | pookmark

    スポンサーサイト

    カテゴリー:-
    0
       | - | | | pookmark
      コメント欄
      コメントする


      ※メールアドレスは公開されません

      ※Name:欄に入力したお名前にリンクが設定されます




      この記事のトラックバックURL
      http://stressful.jugem.jp/trackback/360
      トラックバック

      Button of Go to Home

      Button of Back to Top