バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


スポンサーサイト

カテゴリー:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
     | - | | | pookmark

    心をうつフレーズ

    カテゴリー:詩的なところ
    キャッチコピーのよな飛びぬけた主役級の存在じゃありませんが、ふとした瞬間・・何気ないひと時に目に入ってくるのです、そして私の心の芯を強くうつのですよ。名脇役、というのでもなく・・なんてヤツだまったく!てな感じで。って何のこっちゃ。いやいや、いつもの日常でよくある話でございます。そんな言葉のマジック、まるで詩的なエッセンスで綴られた一文に“ぽっ”と身体からだがあつくなることって、ありませんか?ない??・・あ、そですか。

    いや、まぁそんな感じのコトをちとお伝えしたくて書いておりますのでご容赦くだされ。

    mizkan おむすび山 香ばし醤油味「焼きおにぎり風味」・・と、コレはこないだお仕事帰りについ手を出した手抜きご飯材料ですな・・・。ご存知かな?『おむすび山』・・混ぜるだけで焼きおにぎりが出来てしまうというすぐれもの!香ばし醤油味なんて書かれた日にゃあ、あ〜た!おまけに特価商品ではないれすかー!ということでホイっと買いました。その時は何気なく、嬉しさ満点、帰宅の途。

    心を打つ名コピー!そして帰ってから衝撃の感動タイム。このパッケージの表面の右上に小さく描かれた“おにぎり君”・・じゃあなくて、コピーの文言。「やがて、いのちに変わるもの。」・・しばらく見つめ、じわじわときましたよ。あ〜、こういう言葉を世に残せる、広めることができる仕事したいーって思ってしまいました。そう、お金をもらってとかじゃなくてライフワークとして・・的な感じかな。やっぱり若い頃に偽物詩人を語ってたクセが残ってしまってるのかな?・・この年齢としになっても尚、言葉の魔法に取りつかれてる今日この頃でございます。
    0
       | 詩的なところ | | | pookmark

      スポンサーサイト

      カテゴリー:-
      0
         | - | | | pookmark
        コメント欄
        コメントありがとうございます。そんな前からあるスローガンだったんですね〜!
        いかにミツカン商品を買ってないか・・・というより“ミツカン”を知らないのかがバレましたー。
        しかしながら“いのちに変わる”ための「やがて」という時間を経て、
        この言葉そのものもまた時代を背景に会社の“いのち”となってきたんですね。

        シンボル・スローガンなのに、なんて控え目なんでしょ。そんなトコにも心うたれます。
        | 一望 | 2016/11/07 22:50 |
        「やがて、いのちにかわるもの。」
        ミツカングループが2004年6月より採用している
        新コーポレートシンボル・ビジョンスローガンですね。
        ミツカンの社歴というか、社風というか。。。
        そんなものを表した言葉なんだろうなと、この言葉を知ったときに、私もミツカンに興味を持ったことを思い出しました。
        印象深いですよね。
        | こはる | 2016/11/07 22:27 |
        コメントする


        ※メールアドレスは公開されません

        ※Name:欄に入力したお名前にリンクが設定されます




        この記事のトラックバックURL
        http://stressful.jugem.jp/trackback/374
        トラックバック

        Button of Go to Home

        Button of Back to Top