バタンキュー

Web制作の現場から・・ただいま少し一休み中

※当ページを閲覧される場合は、Windows7以上、Internet Explorer11などの安全でできるだけ最新の閲覧環境でアクセスされることを推奨いたします。
※タブレット端末などのブラウザーで横幅640px以下の画面解像度で閲覧される場合は、レイアウトが崩れて正しく表示されない可能性がありますのでご了承ください。


シンプルな心地よさ

カテゴリー:デザイン的なところ
これまたウェブのデザインとはおもむきにした話。一目見てかっこいい!シンプルやけど、小さなスペースにものすごーく計算されたデザインが展開されてて、いつまで見てても飽きることのない広がりを感じさせる、そんな素敵なパッケージ。

実は、最近までチョコレートが食べられませんでした。正確に申しますと、子供の頃はめちゃくちゃ好物でよくおやつに食べてたんです・・ところが、食べ過ぎて?いつしか、プツプツと・・発症するよになっておりやした。
今になって考えると、チョコレートそのものにアレルギー反応を起こしてたというよりも、多量に含まれる乳化剤やら大豆製品が原因のよな気がしないでもないんですが・・まぁ、よくわかりましぇん。
何故食べられるよになったのかというと、儘よえいやっ!な“荒療治”的な感じ。今もそんなには食べることはしてないですが、口に入れても特にアレルギー反応のよなものはなくなった気がする次第で。

という前置きは何のためかというと!この【明治 ザ・チョコレート The Chocolate】のパッケージデザインの紹介のため〜。

表面は縦向き、素朴な質感を活かしたパッケージにシンプルな書体と存在感・高級感のあるカカオ豆をモチーフにしたアートイメージを真ん中に大きく配置!
余白で更に全体の品質を高めてる感じです。
裏はパッケージの開閉機能に合わせて横向きのデザイン、必要な情報をうまくまとめてますね。

いや〜、勉強になりますなぁ。さて、お味の方は?んんー!こ、コレは。って、最近やっとまともに食べられるよになったチョコレート1年生が知ったふうな口を、と怒られそうですが・・う、ま、いー!!
カカオってこんな味するのねー!っていう味。あの甘いチョコレートはカカオの果実の味ではなかったー、という実感。機会があれば是非、ご賞味くだされ。

参照:meiji THE Chocolate(明治 ザ・チョコレート) | 株式会社 明治
0
     | デザイン的なところ | | | pookmark

    スポンサーサイト

    カテゴリー:-
    0
       | - | | | pookmark
      コメント欄
      コメントする


      ※メールアドレスは公開されません

      ※Name:欄に入力したお名前にリンクが設定されます




      この記事のトラックバックURL
      http://stressful.jugem.jp/trackback/389
      トラックバック

      Button of Go to Home

      Button of Back to Top